ガチで!ムーミンマグのセット価格も「驚き」の納得価格♪

ムーミンマグを少しずつ集めているので見ていて楽しいです。ムーミンのお話も読み直したくなりました。その想いが届いたかのような本に、もう嬉しくて。

早速ご紹介♪

2017年02月28日 ランキング上位商品↑

ムーミンマグムーミンマグ物語 [ 萩原まみ(文) ]

詳しくはこちら b y 楽 天

まだ届いたばかりで詳しく読んでいませんが!マグの歴史をゆっくり堪能したいと思います。値段で迷っていたのですが、買って良かったです。限定のムーミンマグが大好きなので全部揃えたいくらいですが!全部は買えないのでこちらで見て満足できるかなと思い!安くはないですが購入してみました。。もっと揃えたくなりますね。綺麗な写真やムーミンに対する想いが伝わってくるような文章。マグのデザインもはっきりわかるし、購入して大満足です♪マグみたいにかさばらずにムーミンマグの世界が楽しめていい買い物でした。たっ、高いと思わず口に出してしまった(笑)最近の北欧ブームのせいか、かなり出版社も強気の価格設定だなと感じる。とても楽しみです。マグを大切に愛用し、この本も大切にします。読みごたえもあり!写真をみているだけでも!なごみます。1990年〜2014年までの65個のマグが掲載されています。うちには!ひとつだけミムラのマグカップ(ミムラすきなんです)を持っていて!この本にも載ってました。ハードカバーでカラーページが多く!とても読みやすい。。。けれど知りたい!見たい!と思っていました。何かtove100のマグにしても、消費者の足元を見てるようで腑に落ちない感じがするので。新作のマグもあり!これからもマグを大事にしていこうと!思える本でした。図鑑のようなスタイルで、ビジュアル写真が多く、ムーミンマグを好きな方なら、読みたい一冊です。大すきなムーミンマグで毎日その日の気分によってキャラクターを選ぶ幸せ。わりとムーミンシリーズのマグは持っているのですが、こういう色をデザインされたりもあったのか!!と物語がわかって、楽しいです。ムーミンマグの本は!フィンランド限定のものや!以前に発売されたものを持っていました。マグカップ一つ一つの表裏の写真とデザインの由来が解説されており、全てのデザインが原画を基に慎重にデザインされていることがよくわかります。ちょっと高いので迷っていたのですが!買ってよかったです。ムーミンのマグは少しずつ集めていますが、全部そろえるのは無理なので、本でコレクションした気分になろうと思います。ぐるりと回しての絵も見たい。本書発行時点までの全てのマグカップが網羅されています。と言いながらも!今年予定の生誕100周年 トーベ・ヤンソン展に行くであろう自分が悲しい。しかし!ページ数!内容の割に価格が税抜きの2700円。ただお値段が高い!!カバーを外した本体にちょっとした黒い汚れとキズ?がありました。おすすめです。商品自体は満足です!とっても可愛いです。あえて星2つです。2年程前からムーミンマグが気になり始め!少しずつ集めています。本はけっしてお安くないけど!一冊持ってると!うれしい気分です。でも、日本語版だし、説明がよくわかりそうなので、購入しました。素敵な本をありがとう!という気持ちになりました。ほぼオールカラーで見ているだけでワクワクします☆色使いやキャラクターのサイズ感などいろいろ工夫されていることや!それぞれのマグのストーリーも知ることが出来てとても参考になりました。類書を見たことがなく、ムーミンマグのファンは必携の本ではないでしょうか。1990〜2014年までのマグカップ65piecesすべて載っていて、マグカップのコンセプト、トーベヤンソン自身についても書かれておりムーミンマグ好きには喜んでもらえる内容と思う。。歴代のマグカップのデザインを担当してきたデザイナーの詳しいインタビューも興味深いです。最近リニューアルされたパパ、ママのデザインや2014年限定マグも掲載されています。ムーミンマグファンは必見!の一冊だと思います!歴代のムーミンマグを眺めているだけでしあわせな気分になります。過去に販売された絵柄も見たくなりこちらの本を購入しました。廃盤になったムーミンマグは幾つあるのか?何年に発売され品名も知りたい。手に入れることは困難!高価で買えない。お値段も高いのでしっかり見ていただきたかったです。旧マグから新マグへイラストや色の変更についても初めて知ることばかりで、詳しくない私には教科書であり参考書のような本です。ムーミンマグを少しずつ集めてますが、初めて見る廃盤マグもあり、楽しく読めました。